森本尚樹の企業研修

 

 

森本の企業研修では座学に合わせて1チーム5名のチームを3〜4チーム組んでいただき、御社の商品企画、新事業開発、売上向上施策、集客に関する企画等を立案していただく実践研修を実施しております。

 

架空の事例で企画の立案を体験するのではなく、御社のリアルな課題を用いて実践的に学ぶことができるハイブリッド研修です。
森本尚樹が顧問契約先で実施しているプロジェクトによる課題解決手法をを研修で学ぶことができます。

 

この研修を通して学べるのはすべて、森本尚樹がビジネスパーソン時代に試行錯誤を繰り返し、最終的に累計100億円を超える商品群の企画・開発に成功した体験を通して獲得した独自のメソッドです。

 

 

今までになかった実践研修

 

本研修は研修に参加した参加者からは、

 

「今までの研修とはまったくちがった」
「この企画を本気で実現し成功させたいと心から思った」
「最終プレゼンで経営者に否決されたのが本当にくやしかった。引き続きこのメンバーで企画を練りなおしてリベンジしたい」

 

という言葉をよく聞かせていただきます。

 

また経営者や管理者さまからも、

 

「この研修を計画して本当によかった」
「研修のために組ませたプロジェクトチームが、研修の枠を超えて自主的に協働しはじめてくれた。こんなことははじめての経験だ」

 

とたくさんの驚きと喜びの声をいただいております。

 

研修効果を2ステップではなく1ステップで実感

 

このプロジェクト研修は、「商品開発」「商品企画」「売上向上・集客」などをテーマにした小プロジェクトを実際に組んでいただき、御社のリアルな事例や情報を元に、リアルな企画書を完成させることで強烈な学びの体験をご提供する実践研修です。 最終成果はリアルな企画書や計画書です。研修の成果を2ステップ、3ステップではなく、1ステップで実感していただくことができます。

 

本研修はこれまでに以下のような方を対象に実施されています

 

□ 商品開発部スタッフ
□ 商品企画室スタッフ
□ マーケティング室スタッフ
□ 研究開発スタッフ
□ 営業部スタッフ
□ リーダー候補生
□ セクションのマネージャー、ジェネラルマネージャー

 

本研修の進め方

 

@ 30分から60分間のミニ演習を行う。
A ミニ演習で体験した内容を30分〜60分間のミニ講義で補足する。
B 学んだことをすぐに生かしてプロジェクトチームで90分間、企画を磨きあげる。
* 講師は各プロジェクトのテーブルを巡回し具体的にアドバイスを与える。
* 上記@〜Bを研修の中で繰り返す。

 

C 研修会の最終日の1時間前にプロジェクトチームで企画を発表。
* 講師はその場で講師は最終的に今後の進め方のポイントを示します。

 

D プロジェクトメンバーにて、次回までの宿題を決定。
E プロジェクトメンバーは各自、次回の研修までに自主的に決めた宿題を行う。
* 講師はメール等により随時相談を受ける。(継続研修の場合)

 

本研修を通して学べる実践ノウハウ

 

本研修を通して以下のような他の研修では学べない独自の実践ノウハウが学べます。また下記のノウハウはただ学ぶだけではなく、プロジェクトの討議などを通して実践することで生きた知識としてメンバーに残ります。

 

ヒット商品創出の実践的フレームワーク
思考を視覚化するカード思考法の実践ノウハウ
ターゲットと商品コンセプトの実戦的な決定方法
自社の真の強みの発見方法とR−SWOT法の実践ノウハウ
ライバルの真の弱みの発見方法の実践ノウハウ
差別化戦略の実践ノウハウ
ヒット商品創出3ステップ法の実践ノウハウ
営業活動からヒントを得るための実践ノウハウ
価格設定の実践ノウハウ
CWC(雑談)リサーチ法の実践ノウハウ
高付加価値戦略の実践ノウハウ
逆転の発想法の実践ノウハウ
高価格戦略以降の実践ノウハウ
QUT(キュート)戦略の実践ノウハウ
横断的商品開発プロジェクト運営の実践ノウハウ
顧客視点からの商品企画・開発の実践ノウハウ
仮説検証サイクルの実践ノウハウ
プロダクトアウト戦略の実践ノウハウ
商品開発ステップの実践ノウハウ
ヒット商品創出3ステップ法の実践ノウハウ3
ビジネスの常識の罠を回避する実践ノウハウ
商品企画書の書き方の実践ノウハウ
社内プレゼンテーション方法の実践ノウハウ
ネーミングに関する実践ノウハウ
セールススクリプトから逆算して考える商品企画方法

 

豊富な研修実績

 

国内の大手メーカーから、中堅・中小企業まで、開発部、商品企画室、マーケティング室、営業部や幹部社員など、今後の新商品や新事業の創発に関わる方々の豊富な研修実績があります。また分野は食品メーカーから機器メーカーまで多彩です。 本メソッドは分野を限定せず応用可能なことが証明されています。

 

スマートフォンの方はこちら