森本尚樹の徹底活用マニュアル

あなたの目標達成やビジョンを実現するために、マーケティングインストラクター森本尚樹をどのように活用すればよいかを、これまで森本のクライアントの皆さまが実践し成果をあげてきたポイントをまとめました。
御社がもし森本と業務支援契約を締結した場合に、どのように取り組んでいけばいいのかをイメージしていただければ幸いです。

 

森本尚樹の徹底活用6つのポイント

これからご紹介するのは成果をあげている当社のクライアントの考え方と、実際に森本をどのように活用していただいたかの実例です。

とにかく走りだす

「目標やビジョンを具体的に固めてからはじめよう」
「森本氏にお願いすることをきちんと決めてからスタートさせてもらおう」
その考えは成果をだす近道ではありません。
「販売のプロセスを確立して営業をもっと効率化したい」
「売上をあげたい」
「定額課金できる仕組みを作りたい」
「社員がわくわくできる仕事を創出したい」
「新しいサービスで3年後に1億円の売上を作りたい」
そうした漠然としたビジョンからスタートした方が成果の近道になります。とにかく走りだしてみることが第一です。行動すればさまざまなことが分かってきます。森本には数多くの実戦経験があります。成果を出してきたクライアントは「これから何をすべきか?」を考えるところから森本を活用いただいています。

成功に向けて最善を尽くす

森本尚樹の業務支援契約の基本的な内容は以下の通りです。

業務支援の内容

・毎月1回(午後1時〜午後5時)の訪問
・電話、メールでの無制限の相談
・毎月6時間までのテストマーケティングツールの制作

 

以上が業務支援契約書の概要ですが、契約書はあくまでもお互いが気持ちよく仕事をするための信頼関係の基盤として締結するものです。
一方でマーケティングでは集中して前進すべき時期が必ずあります。
契約書上では訪問時間やツールの制作時間に縛りをもうけておりますが、ここぞというタイミングではその縛りに関係なく支援を致します。
まずはご相談をいただくことが重要です。支援時間を大幅にオーバーした場合でも、超過料金などを請求することはありませんのでご安心ください。森本も常に相談していただきやすいアプローチを心がけています。
本当に重要なことはお互いの信頼関係を基盤に、成功に向けて力を合わせて最善を尽くすことだと考えています。
(尚、恒常的にオーバーすることが想定された場合には、契約内容の見直しをご提案させていただく場合がございます)

推進責任者・推進メンバー・ツール制作担当者を決める

できれば推進責任者、推進メンバー、ツール制作担当者を専任してください。もちろん社員数名の会社であれば責任者は社長で、社員全員が推進メンバーです。

推進責任者の選任

社長や経営幹部と森本が二人三脚で取り組むことが基本ですが、責任感が強く、好奇心の大きい中堅社員をプロジェクトリーダーとして専任し成果をあげていただいているクライアントも実は少なくありません。

推進メンバーの選任

また課題解決やビジョン実現のためには全社的な取り組みが必要不可欠であり、部門横断的にモチベーションの高い社員の方を招集していただきプロジェクト結成していただきます。プロジェクト設置の有無も成果に大きな影響を与えます。森本だけの力では足し算にしかならないことでも、プロジェクトメンバーが加われば掛け算に変えることができます。従業員数が20名前後のクライアントでもプロジェクト形式で成果を出していただいております。

ツール制作担当者の選任

マーケティングではツールの制作やシステムの運用も、取り組みを加速させる要因となります。マーケティングツールの制作を行っていただける担当者の方を選任していただくことをぜひお奨め致します。マーケティングに興味がある事務職の方に担当していただくことが多いです。そしてツール制作担当者がマーケティングのかなめとなることも少なくありません。
特に最近ではホームページやカタログのような静的なツールばかりではなく、LINE公式などのSNSや、ニューズレターなどのような動的なツールの方で成果をあげることが多くなってきております。尚、担当者によるツール制作は森本尚樹が責任をもってサポートさせていただきます。

【取り組みを加速推進するために】
プロジェクトを設置する
推進責任者を専任する(プロジェクトリーダー)
推進メンバーを選任する(プロジェクトメンバー)
ツール制作担当者を選任する

プロジェクト会議を定例化する

森本は月1回必ず御社を訪問させていただきます。
プロジェクト会議は森本が訪問する日に定例化してください。「今月は忙しいから」「今月はあまり進展がないから」といった理由でプロジェクト会議をすぐに中止又は延期する会社は残念ながら成果を出せません。成果を出し続けている会社は12年間、例外なく毎月、プロジェクト会議を開催しています。尚、プロジェクト会議のポイントは報告会ではなく討論する場にすることです。森本がファシリテーターとしてプロジェクトに参加させていただきます。
尚、訪問時のスケジュール(例)は以下の通りです。

13:00〜14:00 社長とのオープニングミーティング
14:00〜15:30 プロジェクト会議
15:30〜16:30 担当者との打ち合わせなど
16:30〜17:00 社長とのクロージングミーティング

尚、訪問中は成果につなげるためには、どのようなことに森本の時間を使っていただいてもけっこうです。例えば訪問時に以下のような依頼をいただきます。

営業同行による市場調査
広告代理店や制作会社との打ち合わせの同席
社内のマーケティングセミナーの実施
営業・マーケティング研修
全社員向けマーケティングセミナー

森本は中堅・大手企業での企業研修の豊富な実績がありますので、訪問時に社員教育の時間を織り込んでいただいても結構です。例えば春には新人研修や営業研修、秋には管理職者研修など、定期的に社員研修を開催させていただいているケースもあります。この場合にはスポットで午前中からの訪問を行うなどの対応を行わせていただいております。もちろん追加の費用などはいただいておりません。

ツールの制作を計画的に進める

マーケティング戦略を動かすためには、ホームページやチラシなどのツールが必要不可欠です。月6時間のツールの制作時間を別に提供しておりますので計画的にツールの制作を行います。例えば新たに製品のホームページを立ち上げようとしても、時間や費用の問題で動けなかったとしたら大きな機会損失となる可能性があります。まずはテストマーケティング用に当社のスタッフがツールの制作を行い、実際に営業活動などで使用していただき仮説検証を行います。ルーチンで制作するものはツール制作担当者に引継ぎさせていただきます。

尚、当社では以下のようなテストマーケティングツールの制作を原則として無料で行うことができます。

【販促ツールの制作実績】
販促用ホームページの制作・更新
自分たちで更新できるホームページの立ち上げ
ランディングページ制作・更新
カタログ・チラシ・フライヤーの制作
商品や人物の動画の撮影・編集
商品や人物の写真撮影
セールスレターの作成
商品の販売に絡む各種の案内状のライティング
マスコミに対するプレスリリース文の作成
ダイレクトメールツールの制作
メルマガ本文の制作
メルマガ配信システムの構築
各種メールフォームの制作
QRコードの制作とホームページ等の連動
LINE公式アカウントの立ち上げ
ニューズレターの制作
顧客事例・顧客インタビュー集の制作
SNS戦略(FACEBOOK/TWITTER/INSTAGRAM)
動画マーケティング(Youtube Channelの開設)
Google広告・Yahoo広告
顧客紹介カード・顧客紹介ツールの制作
「お客さまの声」の収集システムの提供
広告原稿の制作
ドアノックツールの作成(情報誌など)
その他、計30種類以上のツール制作・維持・更新・管理の実績があります。

*制作費は原則無料ですが、印刷代、郵便代、広告料、外部サービス利用料などの実費が必要です。尚、実費は各サービス提供会社に直接お支払いただきます。
*制作物のデザインに関しては、ある程度、お任せいただきます。
*制作物は効果の判定を迅速に行うためのテストマーケティング用です。効果の判定ができた場合で、さらにデザイン性を向上させたいような場合には外部のデザイナーに外注をかけていただくことをお奨めします。もちろん当社のデザインにご満足をいただきましたら、そのまま使い続けていただくことも可能です。

成果をだすための考え方と方法のまとめ

成果をあげるための考え方と森本尚樹の活用方法は以下の通りです。

とにかく走りだす
成功に向けて最善を尽くす
推進責任者・推進メンバー・ツール制作担当者を決める
プロジェクト会議を定例化する
ツールの制作を計画的に進める
信じて前進し続ける

成果をだしていただくための最後のピースは「信じて前進し続けること」です。これまで行動を続けていてうまくいかなかった会社はひとつもありません。行動を続けていれば必ず成果をだすことができます。森本のこれまでのクライアントではごく少数ですが、行動を途中でやめてしまう会社は山ほどあります。短絡的に成果が出ないからといって、すぐに今までやってきたことを投げ出して、新しいことをはじめたり、そもそも行動をやめてしまう会社もあります。ありそうでないのが魔法の杖です。ありもしない魔法を探すくらいなら、仮説検証サイクルを回した方がよほどはやく成果を出すことができます。あきらめず、考え、修正すべきことは修正しながら前進していけば必ず成果を出すことができます。森本がその活動ををしっかりとサポートさせていただきます。

業務支援手数料について

尚、業務支援手数料は月額15万円(税別)です。アルバイト又は新入社員1名分の給与と同額程度です。御社が森本尚樹をどれほど活用できるかでその価値が変わりますので、まずは御社の課題とビジョンをお聞かせください。
御社の課題を解決しビジョンを実現するために、御社と森本が協働してこれから何を行うべきかをお話させていただきます。

業務支援に関する個別相談依頼(無料)

以上、まだ不明点も多数あると思いますのでぜひ個別相談でご質問ください。
個別相談では課題やビジョンをお聞かせいただいた後に、森本から具体的な進め方を提案させていただきます。
尚、業務支援契約の締結前に1日研修を実施して、メンバーに対して基礎教育を施した上で、実際にプロジェクティングを体験していただくこともできます。この場合は特に契約などは一切必要ございません。手法やこれからの進め方を確認してから本契約をしていただけます。詳細は個別相談にてお話させていただきます。